パチンカスの日常に密着しました!!

 

boy-niku

パチンカスの日常は、非常に地味で悲しいくらいに淋しく孤独です。

涙が出そうになります。(嘘です)

パチンコで20年以上生計を立てている、パチンカスの日常に密着してきました。

パチンカスの日常

まず、朝は7時には起床しています。

歯を磨き、顔を洗うなどの、生きている人が朝行う一連の動作を、社会の底辺のクズであるパチンカスも行います。

私の統計では、朝、シャワーを浴びてきれいにするパチンカスが多いです。

意味もなく清潔な奴が多いのが、私の知るパチンカスの特徴でもあります。

クサい・汚いといったパチンカスの話を耳にしたことがありますが、それはパチンカスというより、ロジョー(ホームレス)という分野に属しているような気がします。

行く店は、だいたい前日に決めてあるので、朝から情報取集に時間を使うことは少ないです。

12時開店や、打つ台が前日の時点で決まっている場合は、ダラダラと起きるのがパチンカスです。

パチンコ屋には、だいたい開店前後に到着します。

前日の時点で、自分が目星をつけている台がありライバルがいる場合、熱いイベントがある場合などは早めに行きます。

今は、特にそんなに競合してまで執着するほどの割のいい台がないので、開店前後に到着するのが今のパチンカスですね。(宵越しハイエナ狙いのパチスロのハイエナ野郎は、この限りではありません。)

開店したら、めぼしのついている台の釘を見て、いけそうだったら打つだけです。結果はどうあれ、ひたすら打ち続けます。

釘が悪い方に変わっていたら、別のめぼしい台を打つか、保険として取っておいてある別の台を打つか、はたまた別の店にいくか、やる気がない時はお家に帰るといった選択になります。

打つ台がない時のために、保険として取っておいてある台や、お店があるのがパチンカスです。それを準備できないパチンカスは、打つ台がなくなり、淘汰されやすいともいえます。(現状では、保険として取っておく台は、割が日当2万円を切る台ばかりのようですね。きつい勝負です)

fantasy-0

いまだに残っているパチンカスは、守銭奴が多い!!

いまだに生き残っているパチンカスは、守銭奴が多いのがわたくし独自の統計です。あくまで私自身の統計ですので、ご理解ください。

また、ネットに長けている人が多く、必要のない情報まで知っています。

「この商品を買うならあそこが安い!!」「そんな無駄なことをしちゃだめだよ!!損するよ!」

など、うんちくを語りだしたら止まりません!損得感情が大好きです。

いつでも収入がなくなること念頭に置き、リスク管理が出来ているともいえるのですが、何ともさもしい人が多いのが、いまのパチンカス業界だと思います。

妬み・僻みのパチンカス業界。人間の汚い部分があからさまに出るのがパチンカス業界だと思うのですが...人間の欲が解りやすくていいのがパチンカス業界だと思います。

例えば、友達がいっぱい出て自分が負けると、ひがみたくなるのがパチンコ業界だと思います。ギャンブル全般の特性かもしれませんね。

パチンカスの妄想

パチンカスというのは、妄想が大好きです。あくまで私独自の統計です。

私の知人の生粋のパチンカスは、妄想が大好きで、風俗が大好きでもあります。

マイマットを3つほど持っている猛者なのですが、購入した理由を問いてみると

「期間限定の安い商品だったから買ったんだよ!!」

との回答が得られました。実際に使うことはあるのかもしれませんが、いくら安かったとはいえ、3つも買うとは...

自分に素直に生きているだけだと考えることもできるので、細かく言及しませんでしたが、好きこそものの上手なれという古諺に隠れることにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。