【CR牙狼 魔戒ノ花XX】が10月中旬より導入/気になるスペックは?

 

garo-hana

【CR牙狼 魔戒ノ花XX】が10月の中旬より導入となります。11万台も導入されるようですね。さすが大人気の牙狼シリーズといったところです。

つい先日TSUTAYAに行ったら、【牙狼】のDVDがレンタルされていました。いつの間にか映画化されていたんですね...

驚きましたが、全く見てみたいと思わなかったのでスルーしました。

たまたま打ったパチンコの機種のアニメや映画などが気になり、そのアニメや映画を見ることになる経験をされている方は多いと思うのですが、牙狼に至ってはまったく見てみたいと思わない方のほうが多い気がします。

映画化されているということは人気があるのでしょう。「人気があるには理由がある」のですから、食わず嫌いせずに一度見てみるのもいいかもしれませんね。

【CR牙狼 魔戒ノ花XX】基本スペック

大当たり確率 1/399.60
高確率(ST中) 1/109.77
賞球数 3&7&8&15
カウント 9カウント
ラウンド数 13R/15R/16R
魔界チャンス突入率 53%
ST継続率 77%
ST回数 161回
時短回数 100回

前作との大きな変更点は、ST突入率が2%上がった部分ですかね。

へそ入賞時のラウンド振り分け

16R確変 38%
15R確変 5%
13R確変 10%
13R通常 47%

電チュー入賞時のラウンド振り分け

16R確変 100%

まとめ

最近は打ち手のレベルが上がっているのか、止めうちだけではなく「捻り打ち」をする人を時折見かけます。ひと昔前、CRアラジンデスティニーという機種が捻り打ちで攻略されましたが...当時は「捻り打ち」という言葉もなかったように記憶しています。

(´-ω-`).。o○(釘を見るじいさんも増えてきましたね。「今日イベントなのに、回んねえなぁ、この台!へそはあいてんだけどなぁ」なんてぼやいているじいさんも普通にいるので、驚きです。)

お店によっての対応も様々で、張り紙で捻り打ちを禁止しているところもあれば、完全に黙認しているお店もあります。お店側の対応で一番多いのが、スルーを締めるといった対応のように感じます。スルーを締められれば打ち手側はお手上げです。スルーのしまっていないお店に行くなどの対応を迫られます。

打ち手側の全体的なレベルが上昇するのも一長一短あります。結果的にはユーザーである打ち手側が苦しむことになります。

今は、WEBで情報がすぐに手に入ります。ひと昔前までは口コミでしか広がらなかった情報を、WEBで簡単に仕入れることができます。便利な世の中になった反面、自分たちで自分の首を絞めているようにも感じます。損をする人がいないと儲かる人もいなくなります。情報弱者やへたくそな打ち手が減ってきてるので、結果的に釘もそんなに開けられないのでしょう。

パチンコ・パチスロで生計をたてている「パチンカス」は、周囲が落とした小銭を拾い集めているとも言えます。他人が落とした小銭を拾い集めているのですから因果なものです。「乞食」や「ごみ」と揶揄されるゆえんはそこにあるのでしょう。社会的には何も生み出さないのですから、「乞食」や「ごみ」と言われても仕方がありません。

(´-ω-`).。o○(CR蒼穹のファフナー・パチスロの宇宙戦艦ヤマト・CRアラジンデスティニーなどなど、ホントに手ごたえのある攻略ネタというのは口コミ(人づての情報)でしか広がらないものでしたが、これからはどうなっていくのでしょうね。そんな機種事態がもう2度と登場しなくなるのかもしれませんね)

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。