パチスロ 新台【花の慶次3 戦極めし傾奇者の宴】基本スペック、天井、初打ち感想など

 

パチスロの新台【花の慶次 戦極めし傾奇者の宴】が導入されました。

patisurohana

 

パチスロ 新台【花の慶次3 戦極めし傾奇者の宴】初打ち感想、天井恩恵

初打ちの感想ですが、天井到達で高継続のARTを引いたり天武の極を引くなど、薄いところを引けばいっぱいメダルが出てきます。天井がボーナス間999Gなので、割と簡単に天井に到達します。

天井はボーナス間999G、恩恵はART確定+継続率優遇

隣の見知らぬ方が、天井に到達しARTに突入し、順調にARTとボーナスでコインを増やし、さらには天武の極を引くなどという理想的な展開でメダルを増やしていたので、そういった展開になればハイエナの方も楽しめる展開になるのではないかと思います。

一方わたくしめは、1Kでボーナスを射止めてからというもの、ボーナスが設定6をおおいに上回る展開でぼこぼことボーナスが当たるので、高設定の手ごたえを感じながら、演出を楽しみつつまったりと打っていました。

ところが、途中から様子が一転し、子役がさっぱり落ちなくなったかと思うとストレートで天井付近まで連れていかれて、天井手前の978Gで強チェリーからのREGボーナスで心が折れるといった展開でした。結果、-35Kで幕を下ろしました。

ありきたりのつまらない展開で、もう当分は打つ気がしないのでした。

わたくしの勝手な推測ですが、設定判別要素がボーナスや子役では判別要素としては数字が弱く、高設定を示唆する演出が出ない限り、高設定はわからないと思います。高設定狙いはリスクばかりなので危険です。

天井がボーナス間999Gと浅く、恩恵も悪くないので、ハイエナ狙いのワンチャンス狙いで打つと、プラス収支の結果が出る台だと思います。

せっかく花の慶次という素晴らしい原作を扱っているのですから、もっと楽しい機種にしてくれるとありがたいのですが...

基本スペック

  BIG REG ART 機械割
設定1 1/704.7 1/712.3 1/549.5 96.8%
設定2 1/689.9 1/697.2 1/547.1 99.2%
設定3 1/675.6 1/682.7 1/509.7 102.9%
設定4 1/662.0 1/668.7 1/479.8 105.8%
設定5 1/648.9 1/655.4 1/446.3 109.8%
設定6 1/636.3 1/642.5 1/412.7 112.7%

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。