パチスロでのハイエナ主流の理由

   2015/02/06

昨今、パチスロにおいては設定判別・天井ハイエナ、パチンコにおかれましてはボーダー理論など、パチンコ・パチスロで勝つための基礎的な部分においては、ネット上で情報を簡単に仕入れられるようになりました。

そこで「ハイエナ・天井で稼ごう主義者」が多い理由をちょっとだけ綴ってみたいと思います。

パチスロのハイエナが流行っている理由

パチスロにおいて、やれ「月収副業で20万円」や「ハイエナ天井で30万円」などのブログが乱立し、「勝つための情報」がネット上には多々ありますが、よくよく内容を精査してみると、どれもこれも内容はほぼ似たり寄ったりで独自性はありませんが、だいたいホントのことが書かれているように見受けられます。

今のパチスロにおいて、天井・ハイエナで勝てるのはまぎれもない事実です。

天井・ハイエナで勝てる一番の理由、そして天井ハイエナが主流なのは「リスクを最小限に抑えて、勝率が高い」ということが一番の理由です。

天井・ハイエナがここまで主流になったわけは「アホでも、目押しのうまくないへたくそでも、誰でも実践すれば勝てる」というのが大きな理由かと思われます。

馬鹿でも、ビタ押しが出来ないへたくそでも、コインサンドにメダルを入れてレバーを叩いてボタンを押していれば勝てるというのは、ちょっと異常な状態だと思うのですが...

勝てるのはわかりますが、「パチスロで食ってます」と自信満々にブログで公表しているいかれた神経の方々がこんなにも増えたのかと思うと、凄い時代だと思います。

自ら積極的にプライドもへったくれもない、一切生産性のないアホだと自分で世間に公表しているのですから、たいした面の皮だと思います。

閉店のゲーム数、天井、リセット時の挙動などを機種ごとに把握していれば、どんなアホでも勝てるというのが今のパチスロのように思えます。

逆に、出目を楽しんだり、設定判別要素を吟味して、楽しみながら打つスタイルというのは、どんどん淘汰されているように見受けられます。イベント禁止の影響で、旧イベントの日にしか強い設定を入れる店が少なくなったのも原因ですかね。

高設定狙いに行っても高設定が入っていないのでは話になりません。さらには、どんどん高設定での勝率が低くなっているようにも感じます。確率の分母が大きい機種が多いので、確率が中々収縮しないのも当然ですね。だから、そこそこ安定して勝てるハイエナが増えるのでしょう。

冷静に考えれば、当たり前のことかもしれませんね。「勝ちたい」「儲かりたい」という気持ちがあるから、みなさんせっせとパチンコ屋さんに通うわけですからね。知識をつけて、勝つための方法論を簡単に身に着けることが出来るのですから、負けたくない人はそれを実行するのも当然ですよね。

パチンコの業界の現状

パチンコ業界においては、パチンコは「天井」というのがなく、基本青天井の絶対確率なので、ハイエナ的要素がないのはいいのですが、機種の交換サイクルは短く、釘も結構渋いように見受けられます(甘デジは特にしょっぱい)。

パチンコは、回れば勝てるというのが昔からの通説ですが、ボーダー理論で期待日当3万以上という台を見かけることが、かなり少なくなったように感じます。まあ、こちらも甘デジに期待日当3万円くらいの釘調整の台を投入しても、同じ人が一日打ち続けることになり、それではおもしろくないという店側の気持ちも理解できます。

パチンコ業界においても攻略のようなネタ的な機種もほぼなく、パチスロにおいてはほぼ「事故待ち」の機種ばかり登場するこの時代、ちょっとしょっぱいですね。わたくし個人は、ホールから足が遠のくばかりです。

「あの機種、おもしろいんだよね。負けてもいいから打ちたい」という機種が出るのを心待ちにしております。でも、結局負けると面白くないんですよね、パチンコ・パチスロは!!

負けてグズグズ言うよりも、結果さえ出るのであればハイエナでもありry...知らないけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。